« 2005年5月例会のご案内 | トップページ | 2005年7月例会のご案内 »

2005年5月例会の報告

5月例会『墨田区「産業・教育資料室きねがわ」に学ぶ』は、約20名の参加のもと開催されました。

kine01

講師の岩田先生から、木下川という地域の特徴や、子どもとの関わりなどご自身の経験や教育実践などを交えながら、資料室をご紹介いただきました。

kine00

資料室入口。「きねがわ」と大きく書かれた額が印象的。

kine07

地域の主要産業である「皮革と油脂」の資料がところせましと並べられています。

kine03

木下川小学校の歩みも展示の大きな柱のひとつです。

kine04

皮革を題材にした教育実践の紹介もあります。

<参加できなかった方のために>

~この例会の趣旨や産業・教育資料室きねがわについて~

http://museum.cocolog-nifty.com/hakumonken/2005/04/5_e639.html

~こちらの参考文献も~

鈴木健治2005「「産業・教育資料室-きねがわ-に関わって」」 『東京同和教育ニュースNo.74』東京都同和教育研究協議会
木下川沿革史研究会編2005『木下川地区のあゆみ・戦後編 皮革業者たちと油脂業者たち』現代企画室 1400円+税

~見学するには~

<開室日>
火曜日 13:30~17:00
木曜日 13:30~17:00
土曜日 12:30~17:00
日曜・祝日 8:30~17:00
※ 団体で見学する場合は墨田区教育委員会庶務課施設担当に連絡が必要です。

(2005.6.13 参考文献を追加)

|

« 2005年5月例会のご案内 | トップページ | 2005年7月例会のご案内 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。