« 2005年7月例会の報告 | トップページ | 2005年8月関西例会の報告 »

2005年8月関西例会のご案内

「指定管理者制度の現実を再考する」

■日 時/平成17年8月13日(土)18:30~20:30

■会 場/伊丹市立文化ホール「いたみホール」5階会議室2
(兵庫県伊丹市宮ノ前1-1-3/TEL O72-778-8788)
(JR伊丹駅下車西へ徒歩8分・阪急伊丹駅下車北へ徒歩3分)
 http://hccweb1.bai.ne.jp/itamihall/

■報 告/坂上義太郎会員(伊丹市立美術館)

■内 容/坂上会員には、昨年2月関西例会「公立美術館の存在意義を評価する-芦屋市立美術博物館の存続をめぐって」で財団法人となった伊丹市立美術館での経緯について報告をいただきました。財団法人となって2年経過した同館ではどのような変化があったのか、今あらためて指定管理者制度のメリットとデメリットについて現場からの報告をいただき、参加者の相互討議を予定しています。

■申込み/8月6日(土)までに、e-mailで、「例会参加希望」「お名前」「所属(勤務先・所属校など)」「連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)「会員・非会員の別」を明記のうえ事務局あてお申込みください。

|

« 2005年7月例会の報告 | トップページ | 2005年8月関西例会の報告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。