« 2005年9月栃木例会オプショナルフィールドワークの報告 | トップページ | 2005年11月例会の報告 »

2005年11月例会のご案内

博物館の存在意義を再検討するⅢ(その5)
  「平塚市博物館見学会」

  1976年に開館した平塚市博物館は、「相模川流域の自然と文化」をテーマとした博物館で、市民が繰り返し利用することで、自分たちの住む地域を再発見できるような地域博物館の先進的な例として高く評価されてきた博物館です。特に市民参加による学習活動から発展した市民と博物館との共同研究は平塚市域に縛られることなく、広く相模川流域全般に及ぶもので、そうした活動の中から「相模川事典」が刊行され、そうした成果は博物館の常設展示にも反映されてきました。
 その平塚市博物館が今春、常設展示がリニューアルオープンしました。開館以降約30年間で5回目となる常設展示のリニューアルです。開館以来まったく常設展示が変わらない地域博物館が多い中、やはり平塚市博物館は地域博物館のあるべきモデルといえるのではないでしょうか
 そこで、今回の例会ではリニューアルした平塚市博物館の常設展示を見学し、現在の平塚市博物館の活動の状況などを現場の学芸員の方に伺いたいと思います。

■日 時/2005年11月26日(土) 14:00〜16:30
■会 場/平塚市博物館 (平塚市浅間町12-41 ℡:0463‐33‐5111)
■集 合/平塚市博物館エントランスホール
■交 通/●JR東海道本線平塚駅より(茅ヶ崎寄り改札北口駅前より)
        ○徒歩15分(約1㎞)
       ○バス本厚木駅南口行き、田村車庫行き、日産車体前下車徒歩3分
       ○バス大島経由田村車庫行き、美術館入口下車、徒歩3分
       ●小田急線本厚木駅より
       ○バス平塚駅行き(乗車約40分)、日産車体前下車、徒歩3分
       ●小田急線伊勢原駅より
       ○バス平塚駅行き(乗車約30分)、市役所前下車、徒歩7分

■申込み/11月19日(土)までに、e-mailで、「例会参加希望」「お名前」「所属(勤務先・所属校など)」「連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)「会員・非会員の別」を明記のうえ事務局あてお申込みください。   

|

« 2005年9月栃木例会オプショナルフィールドワークの報告 | トップページ | 2005年11月例会の報告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。