« 2006年3月例会のご案内 | トップページ | 2006年6月例会のご案内 »

2006年3月例会の報告

2006年3月例会「地域社会におけるNPO運営の博物館の可能性を考える~足袋とくらしの博物館の設立、運営に学ぶ~」は8名の参加のもと開催されました。

060301

NPO法人 ぎょうだ足袋蔵ネットワークの中島洋一理事から、同館の展示内容、設立の経緯や運営の現状についてお話しいただきました。

060302

元足袋工場を活用した建物。1階は実際に動くミシンなどの機械や道具が並び、昔ながらの足袋製造の工程を見ることができます。

060303

足袋の製造工程が黒板にわかりやすく紹介されています。

060304

職人さんが実際に足袋を作っています。見学当日はミシンの調子が悪くて調整中。

060305

工程ごとにしくみの違うミシンや、形・サイズやこはぜ(留め具)の数ごとに違う金型など、製造には数多くの機械や道具が必要です。

060306

2階では行田の足袋の歴史や製品が紹介されています。

060307

最盛期の行田の産業地図。足袋製造業者を示す数多くの赤い部分が目をひきます。

060308

昔の子どもが集めたペーパ(足袋のラベル)や工場の様子を書いた作文も紹介されています。

060309

足袋製造業だけでなく、関連する産業の広告や道具も展示されています。

<参加できなかった方のために>

~この例会の趣旨について~

http://museum.cocolog-nifty.com/hakumonken/2006/02/20063_eecd.html

~見学するには~

ご参加いただけなかった方もぜひお出かけください。

足袋とくらしの博物館(NPOぎょうだ足袋蔵ネットワーク)
http://www.tabigura.net/

060310

足袋を売っているコーナー。
買い求めに来る愛好者も多いとのこと。

|

« 2006年3月例会のご案内 | トップページ | 2006年6月例会のご案内 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。