« 2006年8月例会の報告 | トップページ | 2006年9月信州例会の報告 »

2006年9月信州例会のご案内

   長野県東部に所在する、地域資料を活用している博物館を見学します。それぞれの実情や時代の状況を反映させながら、特色ある地域の史資料を扱っている様子を、各館の見学を通して見ていきます。ぜひご参加ください。

■日 時/平成18年9月2日(土)~9月3日(日)
■集 合/JR軽井沢駅   2日   9:30
   (東京駅7:52発、8:16発の長野新幹線あさま号で集合可)
■解  散/JR茅野駅      3日 14:00頃
■見学先/
 嬬恋村郷土資料館(群馬県嬬恋村)
  天明の浅間焼けで全滅に近い被害にあった鎌原村の展示等があり、周辺には関連史跡が現存。
 五郎兵衛記念館 (長野県佐久市)
   用水開削に功績のあった市川五郎兵衛の記念館。被差別部落に関する古文書も所蔵し、実証的な研究や啓発活動も続けている。
  黒曜石体験ミュージアム(長野県長和町)
   国指定史跡の黒曜石鉱山採掘跡を核とした新しい体験重視の博物館。
■申込方法/
 平成18年8月23日(水・必着)までに事務局あてお申込みください。参加を希望される方は、e-mailで、「例会参加希望」「お名前」「所属(勤務先・所属校など)」「連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)「会員・非会員の別」を明記のうえ事務局あて(アドレスはinformation「博物館問題研究会とは」にあります)ご連絡ください。
 なお、宿泊及び移動手段の手配は担当委員が行いますので、詳細はおってご連絡いたします。

|

« 2006年8月例会の報告 | トップページ | 2006年9月信州例会の報告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。