« 2006年9月信州例会の報告 | トップページ | 2006年10月関西例会の報告 »

2006年10月関西例会のお知らせ

「新体制下でどうなった芦屋市立美術博物館」

■日 時/平成18年10月13日(金)19:00~21:00 (開場は18:30~)

■会 場/芦屋市民センター403室(芦屋市業平町8-24/℡0797-31-4995)

■報告者/明尾圭造さん(芦屋市立美術博物館 学芸課長)

■内 容/
 芦屋市立美術博物館はこの4月から新しい運営体制がスタートしました。
 新しい運営体制の内容について、その現状と課題を明尾圭造さんにお話いただきます。
 同館は平成15年に財政難のため民間委託を模索し始め、委託先が見つからない場合は売却か休館する方針を発表して、公立美術館の売却、休館という前代未聞の事態を招いて、各方面に大きな波紋が起こりました。博問研でも平成16年に2月関西例会で渦中の河崎晃一さん(当時の同館・学芸課長)に当時の状況について報告をいただきました。
 明尾さんは当時から河崎さんと同館におられ、その後、河崎さんが兵庫県立美術館に移動された後も同館におられていますので、この経緯のすべてをご存知の方です。同館はその後どうなったの?という私たちの胸にくすぶり続けている心配や疑問を晴らしていただく機会にします。

■交 通/JR「芦屋」・阪急「芦屋川」・阪神「芦屋」各駅より徒歩5分

■申込み/10月6日(金)までに、e-mailで、「例会参加希望」「お名前」「所属(勤務先・所属校など)」「連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)「会員・非会員の別」を明記のうえ事務局あてお申込みください。

|

« 2006年9月信州例会の報告 | トップページ | 2006年10月関西例会の報告 »