« 「新しい時代の博物館制度の在り方について」(中間まとめ)に対する意見 | トップページ | 2007年7月例会のご案内 »

2007年6月例会の報告

13名の参加により、予定通り開催されました。
報告者の塚田さんには、プラネタリウム白書2005をもとにプラネタリウムの現状や構造的な課題を明らかにするとともに、指定管理者制度の導入により生じる問題について報告をしていただきました。
運営を支える人材や予算、プラネタリウムが果たしうる役割に対する社会的認識が十分でない現状が明らかにされました。このため、天文学による知見を市民に広げていくためにプラネタリウムが持つ可能性はまだまだ未開拓であり、今後取り組むべき課題が数多くあることも指摘されました。

こちらのWebサイトも併せてご覧ください。
天文学とプラネタリウム http://www.tenpla.net/

|

« 「新しい時代の博物館制度の在り方について」(中間まとめ)に対する意見 | トップページ | 2007年7月例会のご案内 »