« 2007年9月信州例会の報告(その1) | トップページ | 2007年11月例会のご案内 »

2007年9月信州例会の報告(その2)

  第2日目(北信の博物館)

Nagapref01

最初に長野県立歴史館、長野県人権啓発センターへ。

Nagapref02
長野県立歴史館は大きな復元模型と資料展示の組合せで展示されています。
こちらが「鎌倉時代の善光寺門前」の資料展示で、

Nagapref03
その正面には再現ジオラマが展開されています。

Nagapref04_2
新しい展示品には「展示替」の表示がありました。
何度も来館していただく方に注目してもらうためにも置いてあるとのことでした。

Nagapref05

Nagapref06
常設展示の最後にある展示パネルでは昨日訪問した「松代大本営跡」が紹介されていました。

Naganoright01
長野県人権啓発センターは、歴史館と同じ建物内にあります。

Naganoright02
新聞記事や運動団体紙、差別戒名が刻まれた墓石などの同和問題の歴史的資料が展示されています。

Naganoright04
性差別に抗した大正時代の女性も小さいながら紹介されています。

Naganoright05
今日における様々な人権問題も取りあげられています。
このなかには以前の例会で話題になった(国立ハンセン病資料館見学)ハンセン病回復者に対するものも含まれています。

Chaus01
次に茶臼山自然史館(長野市立博物館分館)
同館は2007年11月で閉館し、戸隠に設置される新博物館へ移行することになっています。

Chaus02
後背地となる茶臼山の自然についての展示が充実しています。

Chaus03
ファザードにも描かれたクビナガリュウの標本。

Chaus04
来館者も多く、家族で熱心に化石を見ていました。

Chaus05
同館の歴史を振り返る企画展「茶臼山自然史館22年間の歩みと収集資料」が開催されていました。

Chaus06
長い年表と活動別の紹介パネルには、長期間に渡る活動の蓄積を見ることができます。

Chaus07_3
気がついたら天井にも展示が。第1回企画展が「茶臼山の地すべり」という地域密着のテーマだったことに感心しました。

Nojiri01
そして、最後の目的地である野尻湖ナウマンゾウ博物館

Nojiri02
展示室に入ると復元されたナウマンゾウがお出迎え。

Nojiri03
多数の臼歯化石の展示は圧巻です。

Nojiri04
その化石を掘り出した発掘現場の再現模型。
野尻湖底の発掘は40余年にわたる市民参加で知られています。

Nojiri05
展示にも市民参加による発掘の歴史、活動の広がりが展示されています。

Nojiri06
発掘作業の一日や作業分担の方法が紹介されたパネルもあります。

Nojiri07
市民が活動している様子を映したビデオを見る参加者。
なぜ多数の市民を受け入れることができるのか、その方法に関心がある会員が食い入るように見ています。

<参加できなかった方のために>

~この例会の趣旨について~

http://museum.cocolog-nifty.com/hakumonken/2007/09/post_8cfc.html

~見学するには~

ご参加いただけなかった方もぜひお出かけください。

長野県立歴史館
http://www.npmh.net/index.html

長野県人権啓発センター
http://www.pref.nagano.jp/kikaku/danjo/center/center.htm

長野市立博物館分館 茶臼山自然史館
http://www.city.nagano.nagano.jp/museum/sizensi/index.html

野尻湖ナウマンゾウ博物館
http://www.avis.ne.jp/~nojiriko/

Budo
博物館の活動や史跡の研究は、やはり地道な蓄積があってこそ。
そうでなければ、この葡萄のような豊かな実りは得られないでしょう(写真は松代にて)。

|

« 2007年9月信州例会の報告(その1) | トップページ | 2007年11月例会のご案内 »