« 2008年4月例会の報告 | トップページ | 2008年5月例会の報告 »

2008年5月例会のご案内

『非常勤学芸員の現状と課題』

■日  時/2008年5月31日(土)14:30〜16:30

■会  場/文京区男女平等センター 研修室D 
 (東京都文京区本郷4-8-3 03-3814-6159)

■報告者/野尻かおるさん(荒川ふるさと文化館副館長)

■内 容/
 学芸員を十分に配置しない、あるいは常勤職を置かず、その代わりに非常勤職や契約常勤として採用する博物館美術館は数多く存在しており、今や「常識」になっているほどです。それは勤務形態の多様性に基づく本人の選択ではなく、予算削減や指定管理者制度の導入といった採用側の都合により非常勤職として採用され、能力や資質、仕事内容は常勤職と同じでありながら、待遇面では格差があるという厳しい状況のもと、館の存在意義に関わる専門性の高い仕事を務めているという非常勤学芸員の問題が、昨年11月例会でも提起されました。これは、博物館美術館だけにとどまらず、他の教育文化施設、ひいては社会全体に関わる大きな問題です。
 荒川ふるさと文化館の野尻かおるさんは、1985年に非常勤職員(文化財調査員)として採用され、現在は荒川区が昨年度新設した非常勤職員の昇任制度によって総括学芸員(副館長)となり、博物館の運営・企画のほか、文化財保護関係業務を指導・統括する立場として活躍されています。また、刑場「小塚原」を企画展で取り上げるなど、公立の地域博物館のあり方に一石を投じるような活動を精力的になさっています。今回の例会では野尻さんから、非常勤学芸員のおかれた現状や問題点、今後の課題等を忌憚なく語っていただき、参加者との意見交換を行いたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしています。

■申込方法/
 2008年5月24日(土)までに事務局あてお申込みください。参加を希望される方は、e-mailで、「例会参加希望」「お名前」「所属(勤務先・所属校など)」「連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)」「会員・非会員の別」を明記のうえ事務局あて(アドレスはinformation「博物館問題研究会とは」にあります)ご連絡ください。

|

« 2008年4月例会の報告 | トップページ | 2008年5月例会の報告 »