« 2008年5月例会の報告 | トップページ | 会報31号の発行のお知らせ »

2008年7月例会のご案内

見学例会『在日韓人歴史資料館』

■日 時/2008年7月26日(土)15:30~

■会 場/在日韓人歴史資料館
       (東京都港区南麻布1-7-23 韓国中央会館別館内 03-3457-1088)
       ※ 資料館内のセミナー室に集合

■内 容/
 戦前、戦中を通じて、朝鮮半島からは強制連行を含め数多くの朝鮮人が日本列島へ渡ってきました。日本の敗戦時にはその数は約200万人を越えていたとされています。日本が敗戦を迎えた後も、様々な理由から日本にとどまらざるを得なかった朝鮮人は70万人を数え、現在も日本社会のなかで数多くの方々が生活しています。
 戦前から戦中にかけて故郷を追われた彼らは、日本において劣悪な生活環境、労働環境のもと、差別的な待遇下に抑圧されてきただけではなく、戦後も日本社会において「異文化」として十分な理解が得られず、偏見、差別はいまだ払拭されていません。その最大の原因は、植民地施策下における差別・抑圧の歴史を隠そうとする意識・意図のもと、彼らの歴史が日本近現代史のなかに正当に位置づけられてこなかったことにあると言えます。さらに一世の世代交代を向かえ、生活史の継承さえも難しい状況になっているといえます。
 このような状況下、2005年11月にオープンしたのが「在日韓人歴史資料館」です。運営主体は、在日大韓民国民団で、「在日の歴史を後世に伝えていく」ことを目的に、「客観的な視点から歴史事実を集めること、すなわち史料中心の立場をとるという基本的理念に基づいて」設立された資料館です。
 記憶の継承において博物館が果たす役割、博物館展示における歴史事実(事実を示すモノ)の役割と展示のあり方、さらには歴史学とくに地域史において継承されるべき記憶と博物館の果たすべき役割など、様々な観点から博物館の存在意義について再考する機会になればと考えています。
 例会では、在日韓人歴史資料館研究員の羅基台(ラ・ギテ)さんに資料館設立の目的と経緯、活動内容などについてお話を頂き、展示見学の後、意見交換等を行う予定です。
 
■ 交通案内/
 東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅(2番出口)から徒歩約3分 
 韓国中央会館別館3階

■申込方法/
 2008年7月19日(土)までに事務局あてお申込みください。参加を希望される方は、e-mailで、「例会参加希望」「お名前」「所属(勤務先・所属校など)」「連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)」「会員・非会員の別」を明記のうえ事務局あて(アドレスはinformation「博物館問題研究会とは」にあります)ご連絡ください。

|

« 2008年5月例会の報告 | トップページ | 会報31号の発行のお知らせ »