« 2011年4月例会のお知らせ | トップページ | 2011年7月例会のお知らせ »

2011年4月例会の報告

『明治大学平和教育登戸研究所資料館および研究所跡の見学会』

4月例会『明治大学平和教育登戸研究所資料館および研究所跡の見学会』は、11名の参加のもと開催されました。前半は同館が企画した見学会に参加しました。

001
「登戸研究所跡碑」
文学部兼任講師の渡辺賢二先生にご案内いただきました。

002
動物慰霊碑と弥心神社は登戸研究所時代に設立されました。

003
当時の陸軍消火栓は2カ所現存しています。

004
資料館は第2科で使用されていた棟をリニューアルして生まれました。

005
<秘密戦>の開発拠点となった登戸研究所の誕生や変遷が説明されています。

006
風船爆弾や生物化学兵器やスパイ兵器等の開発、偽札製造が進められました。

007
科学と科学者、社会的状況との関連も話題となりました。

008
偽札偽造の展示室には、当時の研究棟の部材や写真、模型等もあります。

009
最後には箝口令がひかれたこの研究所の歴史が明らかになっていく過程やこれからの生かし方についても指摘されています。

010
おふたりの学芸員も加わっていただき、資料館の現状や課題について意見交換を行いました。

写真:明治大学平和教育登戸研究所資料館の許可をいただいています。

<参加できなかった方のために>

〜この例会の趣旨について〜
http://museum.cocolog-nifty.com/hakumonken/2011/04/2011-f20f.html

〜こちらの参考文献も〜
姫田光義 (監修), 旧陸軍登戸研究所の保存を求める川崎市民の会 (編集) 『フィールドワーク陸軍登戸研究所』平和文化2009

〜見学するには〜

ご参加いただけなかった方もぜひお出かけください。

明治大学平和教育登戸研究所資料館
http://www.meiji.ac.jp/noborito/index.html

|

« 2011年4月例会のお知らせ | トップページ | 2011年7月例会のお知らせ »