« 2012年2月例会のお知らせ | トップページ | 2012年8月例会のお知らせ »

2012年5月例会のお知らせ

指定管理者制度の今

■日 時/2012年5月25日(金) 19時~21時

■会 場/喫茶室ルノアール 新宿区役所横店 マイスペース2号室

■講 師/小野 一之 氏(府中市郷土の森博物館 会員)

■内 容/ 
 2003年の地方自治法の一部改正により、規制緩和の名のもとに、公の施設の管理に関して従来の「管理の委託制度」に替えて「指定管理者制度」が規定されました。そのなかで、それまで管理の委託制度を適用してきた美術館・博物館等についても、2006年8月末までに指定管理者の指定等を行うこととなりました。また、その期に乗じてそれまで自治体が直営で運営してきた博物館等でも民間委託が進みました。
 これに対し、運営基盤の脆弱さや、職員の処遇の欠陥などが問題視され、博物館問題研究会でも2007年には例会で4回も指定管理者制度について取り上げています。
 あれから5年が過ぎ、管理者の更新も進んでいます。制度が始まった当時、あれだけ問題にした博物館の指定管理者制度ですが、「咽もと過ぎれば熱さ忘れる」のごとく状況を看過しているなか、「按ずるよりも生むが安し」ではありませんが、それなりにうまくいっているようにも見えます。実際のところ現在どうなっているのでしょうか。今回の例会では、そうした指定管理者制度のもとに運営を続ける博物館の現状についてお話を伺いたいと思います。

■申込方法/
 参加ご希望の方は、5月23日(水)までに博物館問題研究会事務局へ、電子メールで、お名前・所属(勤務先・所属校など)・連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)・会員もしくは非会員の別を明記の上、「5月例会参加希望」とお申し込み下さい。書式は自由です。
 申込受付アドレス 博物館問題研究会事務局 hakumonken@yahoo.co.jp

|

« 2012年2月例会のお知らせ | トップページ | 2012年8月例会のお知らせ »