« 2012年8月例会のお知らせ | トップページ | 2012年11月例会のお知らせ »

2012年10月宿泊例会のお知らせ

『社会福祉に資する博物館施設の活用事例』

■ 日 時/2012年10月9日(火)~10日(水) 1泊2日

■ 場 所/ボ―ダレス・アートミュージアムNO-MA、近江学園(滋賀県近江八幡市、湖南市)

■ 内 容/
 滋賀県は障害者福祉と造形活動との関わりが深く、その源は戦後まもなく設立された知的障害児福祉施設近江学園における取り組みにさかのぼることができます。以来、障害者の造形活動が発展していくのに伴って、それらの作品を展示しておく場所が求められてきました。ボ―ダレス・アートミュージアムNO-MAは、そうした要望に応え、さらには「アール・ブリュット」の概念を取り入れて、障害者と健常者の境界を超えることを目指した活動を続ける美術館です。
 今回の例会では、博物館・美術館を社会資源として社会福祉にコミットする活用方法を考える観点から、ボ―ダレス・アートミュージアムNO-MAと近江学園の見学を企画します。
 1日目はボ―ダレス・アートミュージアムNO-MAを見学した後、運営団体である社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団の職員の方からお話をうかがいます。2日目は現在も造形活動を続ける近江学園の生徒さんたちが造った作品や、その制作の様子を拝見させていただきます。
 博物館施設の活用方法に、これまでとは違った可能性を見出すことができれば幸いです。

■ 行 程/
 1日目 12:15 近江八幡駅改札前に集合 → 13:00 ボ―ダレス・アートミュージアムNO-MA見学 → 14:00 滋賀県社会福祉事業団の職員の方からお話 → 終了後草津市に移動・宿泊
 2日目 10:00 近江学園見学 → 13:00 滋賀県立近代美術館見学(オプション・予定)→15:00 瀬戸駅で解散

■ 集 合/10月9日(火)12:15 近江八幡駅改札前

■ 宿 泊/草津駅近辺

■ 申 込/参加をご希望の方は、名前、所属、連絡先、会員・非会員の別、参加日(両日・1日目のみ・2日目のみ)、宿泊場所手配の要否を明記の上、10月2日(火)までに博問研事務局まで電子メールでお申し込みください。期間内にお申し込みいただいた分については、事務局で宿泊場所の手配を承ります。メールアドレスは、hakumonken@yahoo.co.jpです。   

|

« 2012年8月例会のお知らせ | トップページ | 2012年11月例会のお知らせ »