« 2013年5月例会のお知らせ | トップページ | 2013年11月例会のお知らせ »

2013年9月宿泊例会のお知らせ

「東日本大震災の記憶」

■日 時/2013年9月21日(土)~22日(日)

■集 合/21日11:00に仙台駅改札に集合

■見学先/宮城県~岩手県南部各地
     石巻市石ノ森萬画館、女川港・南三陸市街など(21日) 
     リアス・アーク美術館、大船渡市立博物館、気仙沼・陸前高田市街など(22日)

■内 容/日本は地震国です。数年に一度は大きな被害をもたらす地震が発生してきましたが、とりわけ東日本大震災を引き起こした2011年3月11日の地震は未だ大きな影響を与えています。震災を契機に各地で文化財レスキューの動きも起こり、復興への活動も続いていますが、影響範囲が広大な上、福島原発の影響も加わって、その歩みには大きな地域差があります。東北3県の被害地域と、それ以外の地域との落差も大きいものがあります。
 震災を直接示すような震災遺構も各地にありますが、復興事業が進むにつれて姿を消しつつあります。陸前高田市の一本松のように巨費を投じて保存されたものもあれば、気仙沼市街地に打ち上げられた第18共徳丸のように、解体が決定した遺構もあります。その保存には賛否両論があり、当事者でない人間にとってその是非を問うのは難しいところもあります。しかし、それを実際に見て、何が出来るのか考えることは可能です。
 また、震災後休館していた博物館等も、開館する施設が増えてきました。それに伴い、気仙沼市のリアス・アーク美術館のように、震災に関する展示を追加している施設もあります。
 これらを見ることで、この震災がどう残されていくのか、何が記憶されるべきか考える例会としたいと思います。

■留意事項/
 ・復興工事による影響により、内陸部の宿泊施設を利用する場合があります。宿泊の要否を申し込みの際に必ずご連絡ください。
 ・2日目からの合流時間・場所は、参加者の決定後に調整します。
 ・2日目は沿岸部に15時頃まで滞在し、その後一関駅まで移動して解散する予定です。
 ・各館ともに自主的な見学を考えております。意見交換等は予定しておりません。

■申込方法/
 参加ご希望の方は、9月10日(火)までに博物館問題研究会事務局へ、電子メールで、お名前・所属(勤務先・所属校など)・連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)・会員もしくは非会員の別、参加日・宿泊の要否を明記の上、「9月例会参加希望」とお申し込み下さい。書式は自由です。
 申込受付アドレス 博物館問題研究会事務局 hakumonken@yahoo.co.jp

|

« 2013年5月例会のお知らせ | トップページ | 2013年11月例会のお知らせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11050/58131285

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年9月宿泊例会のお知らせ:

« 2013年5月例会のお知らせ | トップページ | 2013年11月例会のお知らせ »