« 2013年11月例会のお知らせ | トップページ | 2013年の活動のまとめ »

2013年12月例会のお知らせ

「軍港」の記憶と現在

■日 時/2013年12月22日(日)10:15~16:00

■集 合/京急線汐入駅改札に10時15分集合

■見学先/
「YOKOSUKA軍港めぐり(アメリカ海軍や海上自衛隊の艦船を間近に見るクルージングツアー)」、猿島公園、記念艦「三笠」

■内 容/
 神奈川県南部に位置する横須賀は、古くから漁業と水運によって栄えてきた都市です。鎖国体制にあった江戸末期以降は、立地条件から東京湾警備の要衝とされ、現在も米海軍が駐留するとともに、海上自衛隊が配備されています。日露戦争で活動した船艦「三笠」が「記念艦」として、同地で保存されているのもよく知られています。沿岸にある東京湾唯一の無人島である猿島にも、かつて東京湾要塞が建造されました。現在は海水浴場を備えた公園として広く利用されていますが、島内には岩壁を掘って煉瓦で覆われた遺構が現存しています。現在、市議会には「(仮称)軍港資料館等検討委員会」が設置され、その歴史を都市のアイデンティティーにしようとする動きがあります。
 これまで本会では戦争遺構や戦争を主題とした博物館を訪問して、様々な議論を交わしてきましたが、最近では極論として「戦争博物館不要論」が唱えられるような状況が生まれつつあります。戦争に関する遺構や博物館がどのように見られているのか、どのようにあるべきなのかという現状と理想を改めて熟慮すべき時期であると言えるでしょう。
 今回の例会では、横須賀における戦争関係の博物館や遺構を巡ることで、その機会としたいと思います。
 みなさまの積極的な参加をお願いいたします。

■留意事項/
 ・今回の例会参加は、当会会員に限定させていただきます。
 ・「YOKOSUKA軍港めぐり」は、一定数の事前予約をしております。当日券も販売されますが、入手できないことがあります。参加を希望される方は必ず事務局あて申込をお願いします。
 ・「YOKOSUKA軍港めぐり」と猿島航路は、気象・海象や、港内の状況等により欠航となる場合があります。その場合は、行程を変更しますのでご承知おきください。
 ・「YOKOSUKA軍港めぐり」と猿島航路の費用(2,400円)は参加者負担になります。

■申込方法/
 参加を希望する会員は、博物館問題研究会事務局へ、電子メールで、氏名、連絡先(メールアドレス・ファックス・電話番号・住所など)を明記の上、「12月例会参加希望」とお申し込み下さい。書式は自由です。
 申込受付アドレス 博物館問題研究会事務局 hakumonken@yahoo.co.jp

|

« 2013年11月例会のお知らせ | トップページ | 2013年の活動のまとめ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11050/58773116

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年12月例会のお知らせ:

« 2013年11月例会のお知らせ | トップページ | 2013年の活動のまとめ »