« 2014年5月例会のお知らせ | トップページ | 2014年11月例会のお知らせ »

2014年9月例会のお知らせ

「地域に根ざした長野県の博物館見学」

■日 時/2014年9月27日(土)~28日(日)

■集 合/9月27日(土)13:00 JR飯田駅改札

■見学先/
 27日:満蒙開拓平和記念館(語り部定例講演聴講)(阿智村)
 28日:飯田市立美術博物館・川本喜八郎人形美術館(飯田市)
     岡谷蚕糸資料館―シルクファクトおかや―(岡谷市)

■内 容/
 最近、長野県で地域の近現代史をテーマにした博物館が開館し、話題になっています。
 戦時期に全国で最も多い人々が満蒙開拓に送り出された飯田・下伊那地域には、2013年4月に満蒙開拓平和記念館が開館しました。関係者の献身的な働きかけにより設立された同館は、定例の語り部講演を行うなど積極的な活動を展開しています。
 明治期以来、製糸業が地域産業の中核であった岡谷市でも、今年8月に岡谷蚕糸博物館が移転・リニューアルしました。同館では、製糸全盛期から変わらない繰糸機が実際に稼動している様子を見学することができます。
 また、川本喜八郎人形美術館(2007年開館)は、300余年の人形芝居の歴史を土台に、1979年から「いいだ人形劇フェスタ」を開催する「人形劇のまち飯田」の象徴的存在になっています。
 戦争記憶の継承に対する問題意識や近代化産業遺産への注目、伝統文化の現代における再構成など、地域において様々な期待に応える場として博物館が志向されるのはなぜでしょうか。各館の見学を通して考える機会としたいと思います。

|

« 2014年5月例会のお知らせ | トップページ | 2014年11月例会のお知らせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11050/60484683

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年9月例会のお知らせ:

« 2014年5月例会のお知らせ | トップページ | 2014年11月例会のお知らせ »